リスナーに効果的な訴求を目指す!ラジオCMの魅力

宣伝したいターゲットを絞れるのがラジオCMの強み

リスナーに効果的な訴求を目指す!ラジオCMの魅力

広告

ラジオCMで宣伝すべき理由

なぜ、テレビCMがある中で、ラジオCMを選ぶべきかというと、ラジオのリスナーは多いので、時間帯などでターゲット層を決めやすいからです。そしてそれに合わせて訴求効果が高くなります。他にも、ラジオであればリアルタイムのオンエアなので、テレビのように早送りされることが無いことも魅力の一つでしょう。そのため、企業宣伝はラジオCMを選択してみると良いです。

タイプについて

ラジオCMの放送にはタイプが存在します。それは、1つめに番組を指定してそこでCMを流してもらうタイプ。2つめは、番組を特定せずに複数の番組の境目にラジオCMを流すタイプです。そのため、CMの制作会社に依頼する時は、きちんとターゲットを決めて選ぶと宣伝効果が高いものとなるでしょう。

ラジオCMvsテレビCMの特長

ラジオCM

ラジオは運転をしながら、あるいは室内で流されていることが多く、普段テレビを見ないターゲットの耳に届くという利点があります。さらに、早送りをして飛ばされるリスクがないのも特長です。また、耳で聞いていることから、リスナーの想像力を含ませています。

テレビCM

テレビCMは、テレビを普段から見ている人にとってはとても影響力のあるものです。それは音と映像からの情報料が多い特長がそうさせているのでしょう。また、人気の有名人を使用することによって、頭に残りやすいです。また、最近ではドラマとの連携してCMを盛り上げる工夫もあるので話題になりやすいでしょう。

ラジオCMに不可欠な要素

  • 伝える言葉
  • BGM
  • 効果音
  • 意図的な沈黙
広告募集中